ダイナースクラブカードの審査からカードを受け取るまでの流れ

スポンサーリンク

ダイナースクラブカードを受け取るまでの流れはかなり変遷してきています。

私が取得したときはウェブから勤務先情報などを入力したら3日ほどで審査通過のメールが来ました。

本人確認書類と引落し銀行口座を記入して返送してもらうための書類を発送しましたというメールです。

私がダイナースクラブカードを取得したのは現在とは違いシティカードジャパン時代ですが、私の記憶が正しければその書類と一緒にもうカードが送られてきていました。

つまり、ウェブから申請→審査通過のお知らせメール到着→カードと本人確認書類送付用の書類が到着→本人確認書類と銀行口座記入+認印捺印書類を返送→完了、という流れです。

もし本人確認書類や銀行口座登録の書類をすみやかに返送しないと、カードの利用が無効化されてしまうことがあります、と書いてあった覚えがあります。

先にカードを渡してしまって、本人確認書類はその後提出してくれればいいという流れは本当に顧客を信用していて親切だと私は驚きました。

そのため私がダイナースクラブカードの申請をしてからカードが到着するまではものすごく早かったです。

その後、どうやら本人確認書類や銀行口座登録の書類を返送して、それが確認できてからカードが発送されるという通常のフローになったようで、カード発行まで時間がかかるようになったみたいです。でもそれはシティカードジャパン時代であり、三井住友トラストクラブに運営が変わった今ではもっと早くなっているようです。

今はダイナースクラブカードの申し込みを行うときに本人確認書類と銀行口座登録まで済ませることができる

実は現在はもっと手続きがスムーズに済むようになっています。

online-or-offline

このように、申請時に運転免許証の画像を添付することによって、オンラインで本人確認書類の提出を済ませることができます。さらに銀行口座の設定もオンラインでできてしまいます。

よって、もし審査に通過したとしたら、最初に送られてくる郵送物はクレジットカードということです。これはかなりのスピード発行だと言えます。

もし郵送を選択すると、本人確認書類と銀行口座を記入する書類が郵送されてくるので、それを記入して返送して確認がとれてから、次の郵送でようやくクレジットカードが送られてくることになります。

よってオンラインで提出してしまうのがとても楽だと言えます。

審査はおそらく二段構え

これは就活におけるエントリーと同じですが、ウェブから申し込み可能だと大量に申し込みが来ます。これはウェブという敷居の低さが招いた弊害とも言えますが、企業がエントリーにといて学歴フィルタを設けているのと同じように、クレジットカードの審査においてもまずはシステム上で機械的にフィルタリングをしていると考えるのが自然です。

その機械的審査に通過したら、担当者が各種情報を閲覧して、総合的かつ直感的に判断するのだと思います。

たとえば年収があまり高くなくても国家公務員だったりしたら審査に通過させるとか、年収がとても高くてもリボ払い残高が多かったり、自営業だったりすると少し慎重になってしまうかもしれません。

以前はクイック診断というのがあり、このクイック診断でOKが出ない人はその後の審査も通過しないから、クイック診断の条件をクリアしてから申請してくださいというフローがありました。

でも現在ではクイック診断は廃止されています。クイック診断は年収や年齢など各種数値を入れるとOKがNGかが表示されるものですが、こういったものを公開したことによって、どんな条件をダイナースは設定しているのかという手の内が知られるようになってしまい好ましくないと判断したのかもしれません。

または、たとえクイック診断での条件をクリアしていなくとも、「この人はぜひ会員になっててほしい」と思えるような人が存在するかもしれません。

例えば延滞をしてしまった国会議員がいたとしたら、クイック診断ではアウトでも、ぜひ国会議員なら会員になってほしいと思うかもしれません。このように機械的審査では判断のつかない、人間の総合的判断に基づくものを尊重したいからクイック診断を廃止したのかもしれません。

どちらにしても、最終的に審査通過の可否を決定するのは人です。機械ではありません。この人なら会員になってほしいと思えるような条件を、全体的に、総合的に満たしている必要があるでしょう。

スポンサーリンク