ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカードの概要

スポンサーリンク

ビジネスアカウントカードというと難しそうですが、メインとして発行される個人カードとは別に、明細や引落し口座を完全に分離したいときに使うカードです。

職場によってはひとまず個人で建て替えて、そのあとで職場へ請求して精算するという手続きをとっているところがあります。

その場合に普段から自分がプライベート用として使っているクレジットカードを使って支払ってしまうと、もし職場からクレジットカードの明細を見せてと言われたときに、他の利用履歴も見られてしまうということにもまります。

そのため、経費建て替え用として完全に分離したカードとして持ちたいときにビジネスアカウントカードが便利になります。

またこれは一般的な会社勤めのいわゆるサラリーマンはもちろん、自分が社長をやっているという企業や個人事業主の場合でも利用できます。

年間手数料は2000円です。またこれは個人カードの年会費22000とはまったく別なので、同時期に請求されるとは限りません。全く独立して請求されるということです。

ただし取得したポイントは個人カードとビジネスアカウントカードで合算できます。

また当然ながら、このビジネスアカウントカードはあくまでも個人カードを主として、従としてビジネスアカウントカードが発行されることになるので、ビジネスアカウントカードだけの発行はできません。2000円だけでダイナースクラブカードが持てるのではなく、個人カード年会費22000円+ビジネスアカウントアカウントカード2000円の年会費がかかるということです。

diners-business-account

ある程度大きな職場になると、カードを従業員や職員に貸与してくれることがあります。なにか経費として支払う必要があるときはこれで支払いなさいというものです。社長をやっていたり個人事業主なら自分で経費を支払うこともあるでしょうが、あまり従業員に建て替えをさせるということは避けられつつあると私は感じています。

小さな会社を運営していて、個人利用と法人利用で確定申告のためにきっちり明細を分けておきたいという用途では需要があるかもしれません。

スポンサーリンク