私が27歳でダイナースを取得したときのスペックとクレヒス

スポンサーリンク

ダイナースクラブカードの取得において一番気になるのはどのような人が審査に通過したかという具体的事例です。私も27歳で申し込んだときにはネットで検索して、どのような人がダイナースクラブカードの審査に通過しているのか調べたり、同僚にきいてみたりしていたものです。

私がダイナースクラブカードを取得したのは201x年なので最近の話です。

今までどのようなクレジットカードを取得してきたのか、年収はどのくらいだったか、利用額はどのくらいだったのかなどについても記載していきます。

クレジットカードを使い始めたのは大学生19歳

私は高校卒業と同時に東大理系に進み大学生になってからクレジットカードを作りました。学部2年の19歳のときに申し込みました。

初めて申し込んだのは三井住友VISA・MASTERの学生向けクラシックカードです。一発で審査に通過しました。また年会費が1000円~3000円ほどあるタイプでした。

当時は三井住友カードに全くこだわりはなく、大学の友人が三井住友カードを使っていたことと、学生カードで検索したら三井住友がでてきたので、これでいいやくらいの軽い気持ちでした。

クレジットカードを作った理由は、大学生になってからAmazon.co.jpをほぼ毎週といっていいほど使用していましたが、代引きだと毎回500円近い手数料がかかっていたためです。

クレジットカードだと手数料はかからないのでかなり便利になったことを覚えています。

今学生の人は学生の間にクレジットカードを作っておいたほうがいいです。学生は社会人よりも上位クラスのカード審査に通過しやすく、学生の頃からしっかり利用していると評価も高くなります。

メインとしてANA VISAカード

その後、マイルを貯めるためには同じく三井住友カードのANA VISAカードをメインとして使用しはじめました。

三井住友カードクラシック学生カードは使用しなくなってきたので、使わないのに年会費がかかるカードを持ち続けていても仕方ないということで、大学生の間に三井住友VISA・MASTERカードは解約しました。

私は飛行機をあまり利用しないのもあって、実際はあまりANA VISAカードではマイルはたまらなかったので、今思えば別に作らなくてもいいカードでした。

学生の頃は毎月5万円程度利用

学生の頃は学部1年から塾講師と家庭教師をしていてバイト収入がありました。また高校1年の頃からWebサイトを運営していたのでウェブ広告収入もありました。

塾講師と家庭教師をやったことがある人ならわかると思いますが、時間あたりの時給はいいものの稼げる絶対量は決して多くありません。中高生は夕方まで学校ですから早くても17:00頃からの授業であり、1日あたり3時間程度しかバイトができないのです。家庭教師も同じです。時給は高いですが1回あたり90分~2時間くらいです。しかもそれが週3回くらいです。

だから深夜コンビニでバイトしていた人や、大学に行かずにフリーターになった人よりも月収は少なかったです。

東大院修了と同時に就職 卒業生カードを取得

卒業生カードを取得してこれをメインにしました。理由は卒業生カードは年会費が無料であることです。ANA VISAは年会費がかかるので解約しました。また卒業生カードはクレジットカード事業収入の一部が東大に寄付されることも良い点でした。

社会人になってから毎月10万円以上使用

社会人になってからは、収支を把握するために支出はクレジットカードにすべて集約していました。当時はクレジットカードのクレヒスを積むという考えは全くなく、単にクレジットカードで支払いをしていると後で何に使ったが記録に残るし、Suicaの手動チャージなどもすべて1つのクレジットカードに集約していました。食事代もすべてクレジットカード払いです。食費もすべてクレジットカードに集約するようにすると簡単に月10万円行きます。一人暮らしだからだとは思いますが、実家暮らしでも月5万円程度は行くのではないでしょうか。

26歳のときに一度申請してみるが審査通過ならずメールがスピード到達

27歳でないとダイナースクラブカードは取得できないと当時からきいていましたが、それでももしかしたら審査に通るかもしれないと思って申し込んでみました。結果は即、審査通過ならずのメールが来ました。おそらく機械敵審査で落とされたものと思われます。機械敵審査を通過したものの、その後の審査を通過しなかった場合はもう少し時間がたってから審査通過せずの連絡が来るようです。

アメックスゴールドカードを取得

26歳で通過しなかったのは年齢のせいというよりもクレヒスのせいかと思い、同僚からアドバイスノアあったアメックスゴールドカードを取得しました。ダイナースクラブカードを取得して後々考えてみれば、アメックスゴールドカードを持っていたことはそこまで決定的にならなかったと思います。

ですがアメックスゴールドカードのコールセンターのサポートのよさなどアメックスゴールドは意外といいカードだと気づけたのは良かったです。

ダイナースクラブカードを取得したのちアメックスゴールドカードは解約しました。初年度年会費無料で取得したので1年以内に解約しました。

27歳の誕生日直後に再度申請

同僚や大学の知人は皆まだダイナースクラブカードを持っていなかったので、紹介なしで普通にダイナースクラブカード公式ページから申請しました。

結果3営業日ほどで審査通過のメールが来ました。27歳になっていれば意外と通りやすいのだと思いました。

私は外資系ではないので本当に並程度の年収でした。社会人になって最初にもらった給与明細は今でも保管していますが、手取りで20万円台です。私は理系院卒だったので、社会人3年目の給与からのスタートだったので一般的な社会人1年目よりは若干高いかもしれませんが、それでも銀行口座に入金された手取りは20万円台です。これは十分平均的ではないでしょうか。そのかわり、勤務先はかなりしっかりしたところに就職しました。よってダイナースクラブカードは年収よりも職業や勤務先を重視しているのは確かだと思います。

スポンサーリンク