ダイナースクラブカードの海外旅行保険金は最高1億円

スポンサーリンク

クレジットカードの比較においてよく挙げられる要素が旅行保険金がどのくらいの金額までおりるかということです。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険は手厚い

まず旅行保険は国内と海外でわけられています。ダイナースクラブカードは特に海外旅行保険が充実しており、国内旅行保険については平均レベルといったところです。

ダイナースクラブカードには自動付帯と利用付帯が両方ともある

さらに別の比較軸として、旅行保険には自動付帯と利用付帯というものがあります。

自動付帯というのはダイナースクラブカードを持っているという事実だけで保険金が降りるものです。

一方で利用付帯というのは「ダイナースクラブカードで旅行の代金を支払っていること」という条件が満たされたときに保険に入っていることになるものです。つまりダイナースクラブカードで旅行代金を支払っていれば保険対象になりますが、ダイナースクラブカード以外で支払っていると保険金がおりないということです。

実はダイナースクラブカードは「自動付帯」と「利用付帯」が両方とも同時に用意されています。

まず自動付帯として最高5千万円が付帯されます。そして旅行代金をダイナースクラブカードで支払っていれば、さらに追加で5千万円付帯されるので、最高1億円まで付帯されます。

下の画像は会員に送られてくる会報に記載されていたものです。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険付帯の説明

まず傷害治療費用・疾病治療費用保険金が「自動付帯」で300万円程度あります。

そして死亡後遺障害まで至ってしまった場合には「自動付帯」で最高5000万円、さらに旅行代金をダイナースクラブカードで支払っていれば「利用付帯」としてさらに最高5000万円。合計最高で1億円の付帯保険があることになります。

とはいってもこの1億円は死亡・後遺障害というこれ以上軽いものがないレベルものですから、私は参考程度にしています。親族にお金を残すことを重視していて、それを生命保険など以外で考えているのならこのような付帯保険は重視していいと思います。

スポンサーリンク