一〇 費目別計算における原価要素の分類

第二章 実際原価の計算

第二節 原価の費目別計算

一〇 費目別計算における原価要素の分類

費目別計算においては,原価要素を,原則として,形態別分類を基礎とし,これを直接費と間接費とに大別し,さらに必要に応じ機能別分類を加味して,たとえば次のように分類する。

直接費

直接材料費

主要材料費(原料費)

買入部品費

直接労務費

直接賃金(必要ある場合には作業種類別に細分する。)

直接経費

外注加工費

間接費

間接材料費

補助材料費

工場消耗品費

消耗工具器具備品費

間接労務費

間接作業賃金

間接工賃金

手待賃金

休業賃金

給料

従業員賞与手当

退職給与引当金繰入額

福利費(健康保険料負担金等)

間接経費

福利施設負担額

厚生費

減価償却費

賃借料

保険料

修繕料

電力料

ガス代

水道料

租税公課

旅費交通費

通信費

保管料

たな卸減耗費

雑費

間接経費は,原則として形態別に分類するが,必要に応じ修繕費,運搬費等の複合費を設定することができる。