二一 単純総合原価計算

第二章 実際原価の計算

第四節 原価の製品別計算

二一 単純総合原価計算

単純総合原価計算は,同種製品を反復連続的に生産する生産形態に適用する。単純総合原価計算にあっては,一原価計算期間(以下これを「一期間」という。)に発生したすべての原価要素を集計して当期製造費用を求め,これに期首仕掛品原価を加え,この合計額(以下これを「総製造費用」という。)を,完成品と期末仕掛品とに分割計算することにより,完成品総合原価を計算し,これを製品単位に均分して単位原価を計算する。