平成14年度 行政法 国家一般職

問題

行政行為の瑕疵に関する次の記述のうち,妥当なのはどれか。

1 違法な行政行為があったとしても,当然に無効になるわけではなく,その違法が重大又は明白であるときに無効となるとするのが判例である。

2 行政行為に違法があるとして取消訴訟を提起しでも,当該行政行為が無効でなければ,裁判所は当該行政行為を取り消すことはできない。

3 無効な行政行為とは初めから実体的法律効果を全く生じ得ない行為をいうが,当該行政行為の名あて人は,当該行政行為の無効確認判決を得なければ,これに従わなければならない。

4 違法な行政行為によって損害を受けた者は,当該行政行為の取消しの判決を得ることなく,国家賠償を請求することができるとするのが判例である。

5 行政庁が行う行政行為はすべて法律に従ってなされるべきであるから,法律上,明文で瑕疵ある行政行為を当該行政庁が取り消すことができる旨が規定されていなければ,当該行政庁はその行政行為を取り消すことはできない。

解答

4