平成14年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政裁量についての最高裁判所の判例に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 伊方原発訴訟では,国が行った原子炉設置許可処分が,専門的技術的判断に基づく行政庁の自由裁量行為に属することを認め,裁判所は処分の当否の判断を回避すべきではないとした。

2 神戸税関事件では,公務員に懲戒事由がある場合に,懲戒処分を行うかどうか,どのような処分を選ぶかは,羈束行為であり,懲戒権者に裁量の余地はないとした。

3 知事が行う児童遊園の設置認可処分は,自由裁量行為に属し,処分が本来の設置目的ではなく,個室付裕場の開業を阻止する目的で行われたとしても,裁量権の濫用にはあたらないとした。

4 個人タクシー営業免許の申請に対する却下処分は,自由裁量行為であり,申請受理後に行った聴聞手続に不公正があったとしても,処分本体の効力には影響がないとした。

5 食糧管理法に基づく産米供出の個人割当の方法や通知の時期について,行政庁の裁量が認められる場合でも,行政庁には,特定の個人をいわれなく差別的に取り扱い,不利益を及ぼす自由はなく,裁量権には限界があるとした。

解答

5