平成15年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

裁量行為に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 裁量行為における裁量とは,効果法規における裁量であり,要件法規においては行政庁の裁量の余地が認められず,不確定概念によって要件を規定することはできない。

2 裁量行為は,便宜裁量行為と法規裁量行為との2つに区分され,便宜裁量行為については司法審査の対象となるが,法規裁量行為については司法審査の対象外とされている。

3 行政事件訴訟法は,違法な裁量行為として,裁量権の範囲を超えた場合及び裁量権の濫用があった場合の2つを定めており,これらの場合に限り,裁判所は,当該処分を取り消すことができる。

4 マクリーン事件において,最高裁判所は,在留期間の更新不許可処分における行政庁の判断は,法の趣旨からして本来考慮すべきでない事項を考慮している点で,裁量権の範囲を超えているため,当該処分は違法であると判示した。

5 群馬中央バス事件において,最高裁判所は,バス路線免許交付の許否は行政庁の裁量権に属するとしたが,免許申請の審理手続に瑕疵があったため,免許申請の却下処分は違法であると判示した。

解答

3