平成16年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政行為の効力に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 行政行為の拘束力とは,行政行為の内容に応じて相手方及びその他の関係人を拘束する効力をいうが,その効力は,当該行政行為を行った行政庁には及ばない。

2 行政行為には公定力が認められており,当該行政行為に重大かつ明白な瑕疵がある場合でも,正当な権限を有する機関がそれを取り消すまでは,有効なものとして通用し,相手方及びその他の関係人を拘束する。

3 行政行為には執行力が認められているが,行政行為によって命じられた義務が履行されない場合に,行政庁が自ら義務の内容を実現するためには,裁判所の判決を得なければならない。

4 行政行為の不可争力とは,たとえ当該行政行為に取り消しうべき瑕疵があったとしても,不服申立期間又は出訴期間が経過した後は,行政行為の相手方は当該行政行為の効力を争うことはできないことをいい,実質的確定力とよばれる。

5 行政行為の不可変更力とは,不服申立てに対する裁決など,紛争を解決するための裁断作用に認められ,正当な権限を有する機関が一旦判断を下した以上は,特別の規定がない限り自らその判断を覆しえないことをいう。

解答

5