平成17年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政行為の瑕疵に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 行政行為に重大かつ明白な暇庇がある場合,当該行政行為は直ちに無効となるわけではなく,取消訴訟の排他的管轄に基づき正当な権限ある機関が取り消すまでは有効とされる。

2 行政機関の行為のうち,注意,勧告など外観上行政行為というに値しない行為は不存在の行政行為とされ,無効な行政行為とは区別されるため,行政事件訴訟法における無効等確認の訴えの対象とはならない。

3 買収すべき土地の範囲を明確にしない農地買収処分のように内容が不明確な行政行為は,取消し得べき行政行為とされるが,死者に対する営業免許のように事実上実現不可能な行政行為は,無効な行政行為とされる。

4 最高裁判所は,行政行為の瑕疵の明白性について,処分成立の当初から誤認であることが外形上客観的に明白であるだけでなく,行政庁に調査すべき資料を見落とすなどの過誤が存在することが必要であると判示した。

5 最高裁判所は,行政行為の瑕疵が重大で,それにより被る当事者の被害が著しく大きく,かつ,第三者の信頼保護を考慮する必要のない事案について,瑕疵が明白でなくても,これを無効であると判示した。

解答

5