平成18年度 行政法 国税専門官

問題

行政行為に関するア~オの記述のうち,妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。

ア 相互に関連する二つの処分がある場合,先行処分が違法であったときには,いかなる場合で、あってもその違法性が後行処分に承継されるから,先行処分の違法を理由に後行処分の取消しを求めることができる。

イ 行政行為には公定力が認められ,たとえ違法な行政行為であっても取り消されるまでは有効であるから,およそ行政行為には適法性の推定が働くものとして学説上異論はない。

ウ 行政行為は表示行為によって成立するものであり,たとえ行政機関の内部で確定したものであっても外部に表示しない間は意思表示とはいえないから,当該行政行為が要式行為であるか否かにかかわりなく,書面によって表示されたときは書面の作成によって行政行為が成立し,その書面の到達によって行政行為の効力が生ずるとするのが判例である。

エ 準司法的な手続を経て行われる争訟裁断行為たる行政行為については,紛争の終局的解決の見地から,たとえそれが違法であっても,行政庁はそれを取り消しあるいは変更することができない効力があるとされ,これを不可変更力という。

オ 行政行為の瑕疵が重大で,それによって被る当事者の損害が大きく,また,行政目的や第三者の信頼保護にさしたる害のない場合であっても,瑕疵が明白でなければ,当該行政行為が無効となることはあり得ないとするのが判例である。

1 ア,イ

2 ア,エ

3 イ,オ

4 ウ,エ

5 ウ,オ

解答

4