平成18年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政法学上の行政行為の附款に関する記述として、通説に照らして、妥当なのはどれか。

1 条件とは、行政行為の効果を将来発生することの確実な事実にかからせる附款であり、条件には、その事実の発生によって、行政行為の効果が生じる停止条件とそれが消滅する解除条件とがある。

2 負担とは、相手方に特別の義務を命じる附款であり、負担を履行しなくても、本体たる行政行為の効力が当然に失われることはない。

3 法律効果の一部除外とは、行政行為をするに当たって、撤回する権利を行政庁に留保する附款である。

4 行政行為の附款は、法律留保の原則により、法律が認めている場合に限り付すことができる。

5 行政行為の附款は、行政行為の効果を制限するために付加される意思表示であるから、附款が違法で本体の行政行為と可分の場合であっても、附款のみの取消しの訴えを提起することはできない。

解答

2