平成19年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政行為の公定力に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 公定力とは,行政行為に重大かつ明白な瑕疵がある場合を除き,取消権限を有する機関によって適法に取り消されない限り,当該行政行為の効力は有効であるとするものである。

2 公定力には,行政行為の内容が実現されない場合において行政行為自体に当該行政行為の内容を実現する力があるため,行政機関はいかなるときでも強制執行することができる。

3 公定力の実定法上の根拠は,行政事件訴訟法におけるその他抗告訴訟の管轄に求められ,取消訴訟の排他的管轄には求めることができない。

4 行政行為に違反して刑事訴追された者は,公定力の効力が刑事訴訟にも及ぶため,刑事訴訟とは別に取消訴訟を提起し,当該行為の取消の判決を得なければならない。

5 行政行為によって権利利益を侵害された者は,公定力の効力のため,一定期間を経過した場合には,当該行政行為の効力を裁判上争うことができない。

解答

1