平成19年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政行為の附款に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 附款とは,行政行為の主たる意思表示に付加される行政庁の従たる意思表示をいい,法律行為的行政行為には,附款を付すことはできないとされる。

2 附款は,国民に不利益を与えるものであるため,附款を付す場合には,常に法律に根拠が求められる。

3 附款のうち,条件とは,行政行為の効果を発生することが不確実な将来の事実にかからせる意思表示をいい,当該事実の発生によって行政行為の効果が消滅するものを停止条件という。

4 附款のうち,撤回権の留保とは,行政行為の主たる内容に付加して,特定の行政行為の撤回をなし得べき権能を留保する意思表示をいい,撤回権の留保を付すことにより,当該行政行為は無条件に撤回することができる。

5 附款に瑕疵がある場合,附款が行政行為の重要な要素でなく附款と行政行為とが可分であれば,当該附款のみの争訟を提起することができ,附款と行政行為とが不可分である場合は,当該附款のみの争訟の提起はできないとされる。

解答

5