平成20年度 行政法 国家一般職

スポンサーリンク

問題

行政行為の効力に関するア~エの記述のうち,妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。

ア 行政行為の効力として,公定力や執行力等の特別な効力が認められているが,これらの効力は,すべての行政行為に一律に付与されるわけではなく,行政行為の中には,一定の効力を持たないものがある。

イ 行政行為の効力に関し,行政処分は,たとえ違法であっても,その違法が重大かつ明白で当該処分を当然無効ならしめるものと認められる場合を除いては,適法に取り消されない限りその効力を有するとするのが判例である。

ウ 行政行為には一般に不可変更力があるから,行政庁は,いったん行政行為を行った以上,当該行政行為に取り消し得べき瑕疵があったとしても,原則として,当該行政行為を取り消すことはできない。

エ 義務を課す行政行為には,行政目的の早期実現を図る観点から執行力が認められており,相手方が義務を履行しない場合には,行政行為についての法律の根拠とは別に執行力を基礎付ける法律の根拠がなくとも,行政庁自らの判断により,その義務を強制的に実現することができる。

1 ア、イ

2 ア、イ、エ

3 ア、ウ、エ

4 ウ

5 ウ、エ

解答

1

スポンサーリンク