平成20年度 行政法 国税専門官

スポンサーリンク

問題

行政手続法に関するア~オの記述のうち,妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。

ア 行政庁が許認可等を取り消す不利益処分を行おうとするときは,公益上,緊急に不利益処分をする必要がある場合で、あっても,必ず当該不利益処分の名あて人に対して聴聞の手続をとらなければならない。

イ 行政庁は,申請を認容する処分又は申請を拒否する処分をする場合は,申請者に対し,同時に,当該処分の理由を示さなければならない。

ウ 行政庁又は聴聞の主宰者が行政手続法の聴聞に関する節の規定に基づいてした処分については,行政不服審査法による不服申立てをすることができない。

エ 聴聞の当事者又は参加人である者が聴聞を主宰することができないだけでなく,当事者の補佐人又は参加人の補佐人も聴聞を主宰することができない。

オ 聴聞の通知があった時から聴聞が終結するまでの間,当事者は,行政庁に対し,当該事案についでした調査の結果に係る調書等の閲覧を求めることができ,さらに,聴聞の期日における審理の進行に応じて必要となった資料の閲覧をも求めることができる。

1 イ,エ

2 ウ,オ

3 ア,イ,エ

4 イ,ウ,オ

5 ウ,エ,オ

解答

5

スポンサーリンク