平成20年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政行為の撤回に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 行政行為の撤回とは,行政行為がその成立時から瑕疵を有することを理由として,当該行政行為の効力を消滅させる行為をいう。

2 行政行為の撤回は,行政行為を行った行政庁が行うことができ,当該行政庁の上級行政庁は当該行政行為を撤回できない。

3 行政行為の撤回の効果は,行政行為の成立時に遡って生じ,当該行政行為の効力が初めからなかったものとされる。

4 侵害的行政行為の撤回は,相手方の利益となるが,権力的な行為であるため,撤回には常に法律の根拠が必要とされる。

5 受益的行政行為の撤回は,公益上の必要性から行われるものであるため,当該行政行為の撤回による相手方の損失に対し,損失補償は一切なされない。

解答

2