平成20年度 行政法 東京都庁・特別区

問題

行政手続法に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 行政庁は,申請により求められた許認可等をするかどうかを判断するために必要な基準を定めなければならないが,当該基準については,行政上の支障があるため,原則として公開しないものとされている。

2 行政庁は,申請が到達してから当該申請に対する処分をするまでに通常要すべき標準的な期間を定めなければならず,処分をすることなく当該期間を過ぎたときは,当然に不作為の違法行為となる。

3 行政庁は,申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合,当該処分を口頭でするときであっても,その理由は常に書面により示さなければならない。

4 行政庁は,弁明の機会を付与する場合,当事者が的確な意見を陳述することが可能となるよう,当該当事者に対し,あらかじめ実施される処分の内容を告知し,当該事案にかかわる文書の閲覧をさせなければならない。

5 行政庁は,許認可等を取り消す不利益処分をしようとする場合,聴聞の手続をとらなければならず,聴聞は,行政庁が指名する職員その他政令で定める者が主宰する。

解答

5