平成21年度 行政法 東京都庁・特別区

スポンサーリンク

問題

行政法学上の法律による行政の原理に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 「法律の優位」とは、いかなる行政活動も、行政活動を制約する法律の定めに違反してはならないという原則である。

2 「法律の法規創造力」とは、行政活動には必ず法律の授権が必要であるとする原則である。

3 「法律の留保」とは、新たな法規の定立は、議会の制定する法律又はその授権に基づく命令の形式においてのみなされうるという原則である。

4 「権力留保説」とは、すべての公行政には具体的な作用法上の根拠が必要であるとするものである。

5 「重要事項留保説」とは、侵害行政のみならず、社会権の確保を目的として行われる生活配慮行政にも、法律の根拠が必要であるとするものである。

解答

1

スポンサーリンク