平成21年度 行政法 東京都庁・特別区

スポンサーリンク

問題

行政法学上の行政行為の撤回に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 行政行為の撤回とは、有効に成立した行政行為の効力を、行政行為の成立当初の違法性又は不当性を理由として行政庁が失わせることをいい、交通違反を理由とする運転免許の取消しは行政行為の撤回ではなく、職権取消である。

2 侵害的行政行為の場合に比較すると、授益的行政行為については、相手方の利益又は信頼の保護のため原行為の存続に対する要請がより強く働くため、授益的行政行為の撤回には、必ず法律に撤回を許容する明文の規定が必要である。

3 行政行為の撤回の権限を有するのは、行政行為を行った行政庁であり、指揮監督権を有する上級行政庁であっても撤回はできない。

4 行政行為の撤回は、職権取消と同様に、その概念上及効を有し、行政行為の効力をその成立時にって消滅させる。

5 授益的行政行為の撤回を行うについては、行政手続法に定める不利益処分の手続が適用されることはない。

解答

3

スポンサーリンク