平成21年度 行政法 東京都庁・特別区

スポンサーリンク

問題

行政法の法源に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 行政法の法源は,成文法源と不文法源の2つに分けることができ,成文法源には法律及び判例法が含まれ,不文法源には条理法が含まれる。

2 憲法は,行政の組織,作用については,基本的,抽象的なことを定めるのにとどまり,直接に行政作用の法源として機能することはない。

3 行政権は,法令上の根拠がなければ行使しえないため,行政上の法律関係については,行政法の法源として慣習法が成立する余地はない。

4 条例には,法律の範囲内という限定があり,また,その効力において地域的な限界があるため,行政法の法源にはなりえない。

5 命令は,行政権によって定立される法であって,行政法の法源となり,日本国憲法の下では,委任命令か執行命令に限られる。

解答

5

スポンサーリンク