平成21年度 経営学 特別区

問題

テイラー・システムに関するA~Dの記述のうち、妥当なものを選んだ組合せはどれか。

A テイラー・システム考案の背景として、当時の管理者が直感や経験などに頼る成行管理を採用していたため、労働者の組織的怠業が蔓延していたことがあった。

B テイラー・システムは、工場管理の実際に適用されると、賃金の高騰を招く一方、企業側の労働強化には機能せず、企業側の反発を招くことになった。

C テイラー・システムでは、高い能率をあげたものには割増金を支払うという差別出来高払制度による動機づけが考案された。

D テイラー・システムでは、当時一般的であった職長の機能を計画機能と執行機能に分けた職能別職長制度に代わる新しい組織として、職長ごとにグループを作り、職長の機能を統合する内部請負制度が考案された。

1 A B

2 A C

3 A D

4 B C

5 B D