平成20年度 憲法 国税専門官

問題

国会に関するア~エの記述のうち,妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。

ア 内閣総理大臣の指名について,衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合に,両院協議会を聞いても意見が一致しないとき,又は衆議院が指名の議決をした後,国会休会中の期間を除いて30日以内に参議院が指名の議決をしないときは,衆議院の議決を国会の議決とする。

イ 衆議院が解散されたときは,参議院も同時に閉会となるが,国に緊急の必要があるときは,内閣は参議院の緊急集会を求めることができ,緊急集会で採られた措置は,衆議院の同意
を得ることなく,国会の議決として確定する。

ウ 法律案について,参議院が衆議院の可決した法律案を受け取った後,国会休会中の期間を除いて60日以内に議決をしないときは,衆議院は,参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

エ 条約締結の承認について,参議院で衆議院と異なった議決をした場合に,両院協議会を開いても意見が一致しないとき,又は参議院が衆議院の可決した条約を受け取った後,国会
休会中の期間を除いて30日以内に議決をしないときは,衆議院の議決を国会の議決とする。

1 イ

2 エ

3 ア イ

4 ア ウ

5 ウ エ

解答

3