平成20年度 憲法 東京都庁・特別区

問題

憲法第9条に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 第1項は侵略戦争のみを放棄したものと解し,第2項にいう目的は侵略戦争放棄という目的と解し,同項後段の交戦権を国際法上交戦国に認められる権利と解すると,自衛戦争は違憲となる。

2 第1項は侵略戦争のみを放棄したものと解し,第2項にいう目的は戦争を放棄するに至った動機をさし,これにより第2項で戦力の保持を禁止し,交戦権も否認したと解すると,自衛戦争は違憲となる。

3 第1項は全ての戦争を放棄したものと解し,第2項にいう目的は戦争を放棄するに至った動機をさし,これにより第2項で戦力の保持を禁止し,交戦権も否認したと解すると,自衛戦争は合憲となる。

4 最高裁判所は,本条によりわが国が主権国としてもつ固有の自衛権は否定され,わが国が自国の平和と安全を維持する手段は,国際連合の機関である安全保障理事会等のとる軍事的安全措置等に限定されると判示した。

5 最高裁判所は,第2項が保持を禁止した戦力とは,わが国がその主体になって指揮権,管理権を行使しうる戦力をいうが,わが国に駐留する外国の軍隊も戦力に該当すると判示した。

(参照条文)憲法第9条

第1項 目本国民は,正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し,国権の発動たる戦争と,武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する。

第2項 前項の目的を達するため,陸海空軍その他の戦力は,これを保持しない。国の交戦権は,これを認めない。

解答

2