平成21年度 憲法 裁判所事務官一般職

スポンサーリンク

問題

予算に関する次の説明文中のA~Eの空欄に入る語句がすべて適当に組み合わされているのはどれか。

予算の法的性質を( A )と解すると,予算と法律の不一致が( B )ことになる。この見解は,予算が一般国民を直接拘束するものではないという点などを( C )。この見解によると,国会には,予算を減額修正することについては( D )と考えることができるし,予算を増額修正することについては( E )と考えることができる。

1 Aに「法律とは異なる法形式」 Bに「生じない」 Dに「限界がない」

2 Aに「法律」 Cに「根拠とする」 Eに「予算の同一性を損なうような修正は許されない」

3 Aに「法律とは異なる法形式」 Dに「予算の同一性を損なうような修正は許されない」 Eに「限界がない」

4 Bに「生じる」 Cに「根拠とする」 Dに「限界がない」

5 Bに「生じない」 Dに「限界がない」 Eに「予算の同一性を損なうような修正は許されない」

解答

4

スポンサーリンク