平成22年度 憲法 裁判所事務官一般職

スポンサーリンク

問題

国会に関する次の記述のうち,最も適当なのはどれか。

1 法律は,原則として,国会の議決のみで制定されるが,特定の地方公共団体のみに適用される特別法を制定するには,その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければならない。

2 憲法51条は,国会議員の自由な活動や職務の遂行を保持する目的で免責特権を定めており,議院が懲罰としてであっても,国会議員が院内で行った発言を理由に除名処分を行うこと
は許されない。

3 国会議員の不逮捕特権は会期前には及ばないから,会期前に逮捕された議員は,所属する議院の要求があっても釈放されない。

4 国会は,唯一の立法機関であるから,不特定多数の人に対して不特定多数の場合ないし事件に適用される一般的・抽象的な法規範を,国会以外の機関,例えば裁判所が制定することは,いかなる場合であっても許されない。

5 両議院は,それぞれの議院に属する議員の資格に関する争訟を裁判することができるが,特別裁判所の設置は一切許されないから,通常裁判所の前審として裁判できるにとどまる。

解答

1

スポンサーリンク