平成22年度 憲法 裁判所事務官一般職

スポンサーリンク

問題

法廷におけるメモ採取に関する次のA~Cの記述の正誤の組合せとして、最も適当なものはどれか(争いのあるときは、判例の見解による)。

A 裁判の公開を制度として保障している憲法82条1項は、裁判の傍聴人が法廷においてメモを取ることを憲法上の権利として保障していると解されるが、そのような保障も無制限に認められるものではなく、法廷における公正かつ円滑な訴訟の運営という観点から、一定の制約を受けるものである。

B 情報等に接し、これを摂取する自由は、憲法21条1項の趣旨・目的から、いわばその派生原理として当然に導かれるものであり、傍聴人が法廷においてメモを取ることは、その見聞する裁判を認識、記憶するためになされるものである限り、尊重に値し、故なく妨げられてはならない。

C 公正かつ円滑な訴訟の運営は、傍聴人がメモをとることに比べれば、はるかに優越する法益であるが、傍聴人のメモ採取行為が訴訟の運営を妨げることは、通常あり得ないのであって、特段の事情のない限り、これを傍聴人の自由に任せるべきである。

A B C
1
2
3
4
5

解説

この事件のポイントは、メモを取る自由は尊重はされるが、憲法上保障はされていないということです。そしてメモを取る自由が尊重される根拠は、公開裁判を定めた規定ではなく、表現の自由、言論の自由にあるということです。

A 憲法82条1項は「裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ」と公開裁判を規定しています。判例は、メモをとることについて、この条文を根拠に保障 もされないし、尊重もされないとしています。つまり公開裁判を規定した憲法82条はメモをとる自由とはなんの関係も無いということです。よって誤りです。

B 憲法21条1項は「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」としており、表現の自由を規定しています。判例はこの21条の 規定から、裁判でメモを取ることは派生原理として当然に導かれる、としました。ですが、21条によってメモを取る自由が保障されているとはしてません。保障はされないが尊重される、ということです。本肢は正しいです。

C この選択肢は正しいです。判例は、メモを取ることが訴訟の運営を妨げるに至ることはない、つまり裁判の邪魔になるはずがないとしています。よって、特段の事情のない限り、傍聴人の自由に任せるべきとしています。

解答

スポンサーリンク