平成23年度 人文科学 東京都庁・特別区

スポンサーリンク

問題

第一次世界大戦に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 パレスティナ地方について,大戦中,イギリスは,フサイン=マクマホン協定によってアラブ人に独立を約束する一方,バルフォア宣言によってユダヤ人のパレスティナ復帰運動を援助する姿勢を示した。

2 大戦中,ドイツが連合国の海上封鎖に対抗して無制限潜水艦作戦を展開し,中立国の船舶にも攻撃したため,イタリアの参戦を招いた。

3 大戦が長期化するなか,アメリカのフランクリン=ローズヴェルト大統領は,秘密外交の禁止,海洋の自由,関税障壁の撤廃などからなる十四か条の平和原則を示した。

4 大戦後のパリ講和会議では,高揚する民族運動に対処するため民族自決の原則が掲げられ,東欧,アジア,アフリカで多くの独立国を生み出した。

5 大戦後,ヴェルサイユ条約により国際連盟が設立され,提唱国のアメリカと,イギリス,フランス,日本の4か国が当初の常任理事固となった。

解答

1

スポンサーリンク