平成16年度 国際関係 東京都庁・特別区

問題

第二次世界大戦後のヴェトナムの歴史に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 オランダが,第二次世界大戦後もヴェトナムを植民地にとどめようとしたため,ヴェトナムはインドシナ戦争を起こして,オランダ軍を撤退させた。

2 ジュネーブ、協定後,南ヴェトナムでは反米政権が成立し,これに対抗して南ヴェトナム解放民族戦線が結成された。

3 アメリカのニクソン大統領は,トンキン湾事件を理由に,本格的な軍事介入にのりだし,北ヴェトナムへの爆撃を開始した。

4 北ヴェトナムでは,ゴ・ディン・デイエム政権が,ソ連と中国の援助を受けてアメリカに抵抗しため,ヴェトナム戦争の戦域はラオスまで拡大した。

5 南ヴェトナムでは,ヴェトナム和平協定後も,南ヴェトナム政府軍と南ヴェトナム解放民族戦線との戦闘が続いたが,サイゴンが陥落し,国家が統一された。

解答

5