平成17年度 国際関係 東京都庁・特別区

問題

第二次世界大戦後のアメリカの政治史に関する記述として,妥当なのはどれか。

1 トルーマン大統領は,共産主義勢力の拡大に対抗するため,マーシャル・プランを発表し,韓国に経済援助を行った。

2 ケネディ大統領は,ソ連がキューバにミサイル基地を建設していたこと対し,ミサイルの撤去を要求して海上封鎖を行ったが,ソ連のフルシチョフ首相がアメリカの要求を受け入れたため,核戦争の危機は回避された。

3 ニクソン大統領は,ヴェトナム和平協定の締結によりアメリカ軍をヴェトナムから撤退させたが,その後,ウォーターゲート事件に関与していたとして弾劾裁判によって罷免された。

4 レーガン大統領は,軍縮に取り組むとともに,レーガノミクスと呼ばれる経済政策を実施し,在任中に連邦政府の財政赤字を完全に解消した。

5 クリントン大統領は,マルタ島で,ソ連のゴルバチョフ書記長と首脳会談を行い,冷戦の終結を宣言した。

解答

2