No.43 平成19年度 特別区I類 事務専門I

問題

次の表は、マートンが文化的目標と制度的手段とに対する個人の態度の組合せから、個人の社会への適応様式を類型化して表したものであるが、表中の空所A~Dに該当する語の組合せとして、妥当なのはどれか。ただし、表中の+は承認、-は拒否、±は現行価値の拒否と新しい価値の承認を示している。

適 応 様 式 文 化 的 目 標 制 度 的 手 段
同調
A
B
C
D ± ±

A B C D
1 儀礼主義 逃避主義 反抗 革新
2 儀礼主義 反抗 革新 逃避主義
3 反抗 儀礼主義 逃避主義 革新
4 革新 逃避主義 儀礼主義 反抗
5 革新 儀礼主義 逃避主義 反抗