No.3 7 平成23年度 特別区I類 事務専門

スポンサーリンク

問題

ファヨールの経営管理論に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 ファヨールは、科学的管理法の中で、作業能率を上げるために計画機能を重視し、生産現場の監督者としての視点から管理の必要性を説いた。

2 ファヨールは、管理職能はすべての階層の監督者、管理者に必要な能力であり、管理階層が上になるに従って、一人の管理者の全体の能力の中で管理能力の占める比重が増大していくことを経験的に主張した。

3 ファヨールは、管理能力は経験によってのみ修得され、管理教育では得られないとし、自らの体験に基づいて14の管理原則を提示した。

4 ファヨールは、管理原則の中で、複数の上司から命令を受ける専門化の原則を追求したファンクショナル組織を提唱し、命令の一元化を否定した。

5 ファヨールは、管理活動は技術活動、商業活動、財務活動、保全活動、会計活動からなるものとし、すべての事業は、社会体ないし組織を通じて行われる限り、組織の形成、維持のために管理活動が必要であるとした。

スポンサーリンク