No.4 2 平成23年度 特別区I類 事務専門

スポンサーリンク

問題

ロールズの正義論に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 ロールズは、原初状態における人間は、自由かつ平等で、強制や干渉を受けず正義の原則を選択することができるので、最終的に選択するのは、社会全体の利益を最大化することを求める功利主義の原理であると主張した。

2 ロールズは、マキシミン・ルールとは、原初状態のような不確実状況において、人間は常に最悪の事態を想定してリスク回避を優先することよりも、物事が最も理想的に進んだ場合を選択する行動パターンであるとした。

3 ロールズは、正義の観点から、国防、警察、契約履行の保障といった機能だけを果たす最小国家の正当性を主張し、20世紀になって展開された福祉国家型自由主義を自由主義の本質からの逸脱であるとした。

4 ロールズは、正義の2原理として、第1原理の社会的・経済的不平等の問題に関するものと第2原理の平等な自由原理を提示し、第1原理は第2原理に対して優先するとした。

5 ロールズは、社会的・経済的不平等の問題に関して、格差原理と公正な機会均等原理が満たされる場合には、一定の不平等を許容することが正義にかなうと主張した。

スポンサーリンク