No.4 6 平成23年度 特別区I類 事務専門

スポンサーリンク

問題

シュタインの行政学に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 シュタインは、社会とはあらゆる個人の意思と行為が人格的統一にまで高められた共同体であるとした。

2 シュタインは、国家とは意思と行為として、その人格の面において登場する人間の共同体であるので、国家と社会は原理的に対立するものではないとした。

3 シュタインは、憲政と行政は行政に対する憲政の絶対的優越性を説く法治行政原理の関係にあるとした。

4 シュタインは、憲政とは人格的な国家共同体を構成する個人の国家意思決定への参与であり、行政とは国家意思とその客体である社会との関係における国家の活動であるとした。

5 シュタインは、官房学において警察学という学問を確立するとともに、警察学を財政学から分化させる必要を強調して財政学を警察学の手段として位置付けた。

スポンサーリンク