No.5 3 平成23年度 特別区I類 事務専門

スポンサーリンク

問題

次の文は、バージェスの同心円地帯理論に関する記述であるが、文中の空所A~Dに該当する語の組合せとして、妥当なのはどれか。

A 学派の一員であったバージェスは、人間生態学の立場から産業社会における都市が5つの同心円から成立していることを主張した。最も内側の環は中央ビジネス地区であり、そこには高級店舗、オフィス、銀行、娯楽施設などが存在する。2番目の環はB である。そこは中央ビジネス地区が外側に向けて拡大するにつれて発展する地域であり、結果として相対的に安価な住宅を供給する荒廃した地域となる。3番目の環はC であり、4番目の環は中産階級が居住する郊外地区である。そしてさらにその外側にはD が広がるとした。

A       B        C      D

1 フランクフルト 通勤者地帯   労働者住宅地帯 遷移地帯

2 フランクフルト 労働者住宅地帯 遷移地帯    通勤者地帯

3 シカゴ     遷移地帯    通勤者地帯   労働者住宅地帯

4 シカゴ     労働者住宅地帯 通勤者地帯   遷移地帯

5 シカゴ     遷移地帯    労働者住宅地帯 通勤者地帯

スポンサーリンク