平成15年度 社会科学 国家一般職

スポンサーリンク

問題

ア~エは,我が国における薬害に関する記述であるが, A~Dに当てはまる語句の組合せとして最も妥当なのはどれか。

ア 旧西ドイツで開発された催眠・鎮痛剤( A )を服用した妊婦から手足に障害をもった子どもが生まれ,旧西ドイツ,日本など世界中で被害者が続出した。近年,アメリカ合衆国などでは,一部のがんなどへの( A )の効果が発見されている。

イ 近年,我が固におけるエイズ・ウイルス(ヒト免疫不全ウイルス,HIV)感染は,性的接触によるものが大半であるが,以前には,ワイルスに汚染された輸入( B )血液製剤の投与によって血友病患者千数百人がこのウイルスに感染し,大きな社会問題となった。

ウ C型肝炎ウイルスに感染すると,急性・慢性肝炎を発症し,更に肝硬変や肝がんに至る危険がある。我が国では,1980年から1988年にかけて使用された血液凝固因子製剤( C )がこのウイルスに汚染されていたことが判明しており,これを投与された患者が,危険性を予知できたはずとして,国と製薬会社を提訴した。

エ 我が国では,脳外科の手術でヒト乾燥硬膜を移植された患者に( D )が発生している。ヒト乾燥硬膜移植については, 1987年,アメリカ合衆国で安全性について警告が出され,欧米諸国では対策が採られた。我が国では,1997年にその使用が禁止された。

A B C D
1 サリドマイド 加熱 インターフェロン パーキンソン病
2 サリドマイド 非加熱 フィブリノゲン クロイツフェルト・ヤコブ病
3 キノホルム 非加熱 フィブリノゲン パーキンソン病
4 キノホルム 加熱 サリドマイド クロイツフェルト・ヤコブ病
5 MMRワクチン 混合 インターフェロン もやもや病

解答

2

スポンサーリンク