高度な専門書も蔵書されている都内の図書館

スポンサーリンク

大学の図書館にない専門書も手に入る

私は学生時代常に図書館で本を借りていましたが、大学の図書館に置いていない専門書というものは確かにあります。特に絶版になってしまった少し前の本がそうで、新たに図書館が購入しようとしても売っていないのです。

大学の図書館はリクエストすれば他の図書館から取り寄せたり、購入したりしてくれますが、そもそも絶版だとそれが難しいです。

私は今でも東京大学附属図書館に入館できるカードを持っていますが、卒業後は入管のみで貸出ができないため、都内の特別区が運営している図書館を主に利用しています。

意外と大学の図書館というのは専門書が揃っていなかったりします。大学の図書館のメリットは比較的長期間借りられるところですが、返却の手間を考えると同じ区内ならどこの図書館に返却してもいい特別区運営の図書館の方が楽です。

各地の図書館に分散しているのが面倒

特別区のそれぞれごとに図書館がありますが、どこか一箇所の図書館が優れているわけではありません。

例えば千代田区立図書館にあるものもあれば、新宿区立図書館にのみある専門書もあります。

どこか特定の図書館だけに通いつめれば良いというわけではなくまんべんなくアクセスしなければならないのです。

これは面倒と言えば面倒です。同じ区内の図書館であるなら取り寄せができるので一番行きやすい図書館に集約できますが、他の区の分まですべて取り寄せは難しいです。

スポンサーリンク