図書館で借りた本を自宅でコピーするのはOK

スポンサーリンク

図書館の本は二週間くらいまでしか借りられない

図書館で本を借りても2週間ほどで返却期限が来ます。延長はできるものの、予約が入っていたりしたら返さなければなりません。

大学の図書館などでは長期間でも普通に借りられますが、自治体が運営している図書館ではほぼ2週間と考えておいて間違いありません。

借りている間に自宅でコピーする

借りている二週間の間に自宅でコピーしてしまうのが楽だと言えます。今のプリンタはコピー機能がついていますし、時間さえかければコピーできます。私がやった感じだと、200ページの本のコピーでも2時間くらいあれば終わります。

著作権法を所管している文化庁の公式サイトに判断が示されています。法律はその法律を所管している行政機関が運用しているので、その見解が正と思っておけば間違いありません。見解が変更されたらそのときに従えば良いだけです。

http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000502

私 的使用のために複製(第30条第1項)に該当すれば、著作権者の了解なしに著作物を複製することができますが、 本来この規定は私的使用の目的をもって、私的領域(例えば自宅)で行われる複製を認めたものであって、公衆が使用する目的で設置された自動複製機器を用い た複製は認められていません。

この文化庁の判断によれば、自分が使うためだけに自宅でコピーすることは何の問題もないということになります。「私的利用」というのが重要で、コピーしたのを他人に見せたり、供与してはだめということです。自宅で自分が読むためだけに保管するのは何の問題もありません。

この文化庁のQ&Aでは、コンビニでコピーするのが適法かどうか、という点で解釈が示されています。

結論は、現在の著作権法なら適法ですが、改正されるとどうなるかわかりませんよ、という内容です。

しかし、コンビニ等で行われる文献複写については、著作権者の了解を得るための仕組み(著作権の集中管理)が整っていないこと等の理由から、当分の間の暫定措置として、複製を認めることとしています(附則第5条の2)。

つまり著作権者の了解を得るためのフローが制度的に用意されていないため、暫定措置としてコンビニでのコピーもOKとする運用にしています、ということです。

スポンサーリンク