東京大学附属総合図書館

スポンサーリンク

概要

東京大学の中で一番蔵書数の多い図書館です。どちらかというと勉強スペースになっていたり、古い文献を閲覧する目的が多いようです。

というのも、学生のときこの図書館で本を探してもお目当ての本がほとんどなかったからです。理由は、最近出版されているような噛み砕いた解説の本や、理論から離れて実用性が高い本はあまり置いてないのです。

そういった研究において実用性の高い、即戦力になるような本は各学部が運営している図書室にあります。各図書室には各学部の専門分野の本が何でも置いてあり、その分野の専門書を探しているなら図書室を使うべきだ、という考えがこの大学にはあると思います。

卒業後に図書室に入るのはとても要件が厳しいです。総合図書館には入れても、実際はあまり役立つことが少ないというのが実情です。

利用するには

大学の教職員か、在学生が、卒業生かで利用できる範囲が決まっています。

卒業生は入館することしかできません。ですが入館カードは一度作ればそのカードの有効期限内は手続きなしでゲートを通過できます。

実はこの図書館は誰でも入館でき、入館の都度身分証明書を提示して申請書を書けば入館できます。その代わり、入館の都度申請書を書いて身分証明書を見せる必要があります。その点煩わしいですが、一般人でも入れる大学の図書館はあまり無いのではないでしょうか。

スポンサーリンク