問3 午前Ⅱ 平成26年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験

[mathjax]

問題

180台の電話機のトラフィックを調べたところ、電話機1台あたりの呼の発生頻度(発着呼の合計)は3分に1回、平均回線保留時間は80秒であった。このときの呼量は何アーランか。

解説

呼量[アーラン]は次の式で求めることができます。ちなみに呼は「こ」と読みます。

$$呼量=frac{呼数times 平均回線留保時間}{総時間}$$

ここで平均回線留保時間は80秒とわかっています。そして分子の呼数ですが、180台の電話機があって、3分に1回の頻度で呼が発生するわけです。つまり3分間に180回呼が発生することになります。よって呼数は180です。

次に総時間ですが、これは呼数を測定した時間の長さです。3分間の間に180回とわかったのですから、3分間が総時間です。そして分子は秒単位にしているので、分母も秒に揃える必要があります。よって総時間は180秒です。以上のことから、

$$呼量=frac{180回times 80秒}{180秒}=80アーラン$$

と求めることができます。正解はエです。

解答