問2 午前Ⅱ 平成26年度 秋期 情報セキュリティスペシャリスト

問題

ハッシュ関数の性質の一つである衝突発見困難性に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア SHA-256の衝突発見困難性を示す、ハッシュ値が一致する二つのメッセージの探索に要する最大の計算量は、256の2乗である。

イ SHA-256の衝突発見困難性を示す、ハッシュ値の元のメッセージの探索に要する最大の計算量は、2の256乗である。

ウ ハッシュ値が与えられたときに、元のメッセージの探索に要する計算量の大きさによる、探索の困難性のことである。

エ ハッシュ値が一致する二つのメッセージの探索に要する計算量の大きさによる、探索の困難性のことである。

解説

解答