証券外務員 一種、二種

正式名称は外務員資格

正式名称は外務員資格なのですが、外務員だと何の外務だかわからないので、証券をつけて証券外務員と言うことが多いです。

証券会社に勤めている人はほぼ全員が持っている

証券会社に勤めている人のほとんどが所有している資格です。外務員資格を持っていなくても、総務や財務などの金融商品勧誘活動に関係ない仕事はできるので、持っていないと証券会社で何も仕事ができないというわけではありません。

銀行勤めで外務員資格を持っている人はやる気がある方

また銀行に勤めている人でも持っている人が多いです。ですが銀行の場合は、全銀協が行っている銀行業務検定を取得することが奨励されており、外務員資格はそれよりも優先度が低いです。

だから銀行にいるのに外務員試験を受けている人はいわゆる意識高い系であり、キャリアアップへの意識が高い人です。割と優秀な人は持っている傾向があります。

就活で金融機関を考えるなら外務員試験を受けてみる

金融機関に就職したい人なら持ってて損にはなりません。どのような知識が必要なのか、何も知らないよりは就職活動で有利になります。

内定後に取得すれば企業側で受験料を負担してくれたり、教材を提供してくれたりするので、内定後や入社後に取得した方が経済的には有利ですが、私の知人は就職活動に先立って取得していました。昔は就活生は二種外務員試験しか受験できなかったので、就活生は二種という暗黙の了解がありました。

一種と二種の住み分け

外務員資格には一種と二種があり、普通は一種を取得します。昔は総合職は一種、一般職は二種のような暗黙の住み分けがありましたが、今は一般職でも一種を取る人が多いです。

そして一昔前までは、金融機関に勤めていない人は二種資格しか受験できませんでした。一種資格は金融機関に勤めている人だけが受験できたのです。

だから就活生が外務員試験を受けるとしたら二種しか選択肢がありませんでした。

ですが平成24年から一種試験も一般に開放されています。つまり今は誰でも一種外務員資格試験を受験できるわけです。

一種資格は二種資格を持っていなくても受験できます。いきなり一種から取得してもよく、実際一種試験から受験する人がほとんどです。現在は一種資格をとることが、外務員資格取得のメインストリームです。

特別会員資格の方が簡単

証券会社ではなく銀行や信用金庫や労働金庫、農林中央金庫や中央労働金庫や信金中央金庫などの系統金融機関に勤めている役職員は、特別会員一種外務員試験というのを受けることができます。

この「特別会員」がついている外務員試験は試験範囲がせまく簡単です。つまり普通の一種外務員試験の方が試験範囲が広く難しいのです。

だから、たとえ銀行に勤めている人でも、キャリアアップへのやる気がある人や優秀な層は特別会員をあえて受けずに普通の一種外務員試験を受験します。その方が評価が高いからです。

外務員資格は稼げるのか

外務員試験はそれで稼ぐというより、金融機関で働くなら当然持ってないといけないというレベルの資格です。だからこれをもっているからといって有利になることはほぼないです。

外務員資格を持っていないと金融機関への転職さえできないレベルなので、持っていれば選択肢が広がる程度のものです。

逆に持っていないと金融機関で働いてました、と言っても「何をしてきたの?」と言われるレベルでしょう。

金融機関も大卒で手取り月20万円もいかないレベルからスタートする日系金融機関もあれば、一年目から800万~1000万円に到達する金融機関もあるわけですから、外務員資格で稼げるかどうかはどこに就職するかによって大きく変わります。