【問 50】 平成26年度 宅建士試験

問題

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。

2 モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。

3 骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。

4 コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混線したものである。

解説

解答

2