平成26年度 宅建士試験 問題と解説

【問 1】 平成26年度 宅建士試験
問題 次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。 1 賃借入の債務不履行を理由に、賃貸人が不動産の賃貸借契約を解除するに...
【問 2】 平成26年度 宅建士試験
問題 代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはいくつあるか。 ア 代理権を有しない者がした契約を本人が...
【問 3】 平成26年度 宅建士試験
問題 権利の取得や消滅に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 売買契約に基づいて土地の引渡しを受...
【問 4】 平成26年度 宅建士試験
問題 AがBとの闘で、CのBに対する債務を担保するためにA所有の甲土地に抵当権を設定する場合と根抵当権を設定する場合における次の記述のうち、...
【問 5】 平成26年度 宅建士試験
問題 債権譲渡に関する次のlから4までの記述のうち、下記判決文によれば、正しいものはどれか。 (判決文) 民法は、原則として債権の譲渡性...
【問 6】 平成26年度 宅建士試験
問題 Aは、Bに建物の建築を注文し、完成して引渡しを受けた建物をCに対して売却した。本件建物に瑕疵かしがあった場合に関する次の記述のうち、民...
【問 7】 平成26年度 宅建士試験
問題 賃貸人Aから賃借人Bが借りたA所有の甲土地の上に、Bが乙建物を所有する場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいも...
【問 8】 平成26年度 宅建士試験
問題 不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 不法行為による損害賠償請求権の期間の制限を...
【問 9】 平成26年度 宅建士試験
問題 後見人制度に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 成年被後見人が第三者との間で建物の贈与を受ける契...
【問 10】 平成26年度 宅建士試験
問題 Aには、父のみを同じくする兄Bと、両親を同じくする弟C及び弟Dがいたが、C及びDは、Aより先に死亡した。Aの両親は既に死亡しており、A...
【問 11】 平成26年度 宅建士試験
問題 甲土地の所有者が甲土地につき、建物の所有を目的として賃貸する場合(以下「ケース①」という。)と、建物の所有を目的とせずに資材置場として...
【問 12】 平成26年度 宅建士試験
問題 借地借家法第38条の定期建物賃貸借(以下この間において「定期建物賃貸借」という。)に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によ...
【問 13】 平成26年度 宅建士試験
問題 建物の区分所有等に関する法律(以下この間において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 区分所有者...
【問 14】 平成26年度 宅建士試験
問題 不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 表示に関する登記を申請する場合には、申請人は、その申請情報と併...
【問 15】 平成26年度 宅建士試験
問題 都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 都市計画区域については、用途地域が定められていない土地の区域であ...
【問 16】 平成26年度 宅建士試験
問題 次のアからウまでの記述のうち、都市計画法による開発許可を受ける必要のある、又は同法第34条の2の規定に基づき協議する必要のある開発行為...
【問 17】 平成26年度 宅建士試験
問題 建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 住宅の地上階における居住のための居室には、採光のための窓その他の関口...
【問 18】 平成26年度 宅建士試験
問題 建築基準法(以下この間において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 店舗の用途に供する建築物で当...
【問 19】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、...
【問 20】 平成26年度 宅建士試験
問題 土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 施行者は、宅地の所有者の申出又は同意があった場合においては、その...
【問 21】 平成26年度 宅建士試験
問題 農地法(以下この間において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 農地について法第3条第1項の許可があ...
【問 22】 平成26年度 宅建士試験
問題 次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 国土利用計画法によれば、同法第23条の届出に当たっては、土地売買等の対価の額につい...
【問 23】 平成26年度 宅建士試験
問題 住宅用家屋の所有権の移転登記に係る登録免許税の税率の軽減措置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 この税率の軽減措置...
【問 24】 平成26年度 宅建士試験
問題 不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 不動産取得税は、不動産の取得に対して、当該不動産の所在する市町村に...
【問 25】 平成26年度 宅建士試験
問題 地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 土地鑑定委員会は、標準地の価格の総額を官報で公示する必要はない。 ...
【問 26】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業の免許(以下この間において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあ...
【問 27】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業法(以下との聞において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 契約締結権限を有する者を置き、...
【問 28】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者A (甲県知事免許)が乙県内に建設したマンション(100戸)の販売について、宅地建物取引業者B (国土交通大臣免許)及...
【問 29】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 新たに宅地建物取引業を営もうとする者は、営業保...
【問 30】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 Aは、新築分譲マンショ...
【問 31】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者ではない買主Bとの問で宅地の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物...
【問 32】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aは、BからB所有の宅地の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この間...
【問 33】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として買主との聞で建築工事完了前の建物を5,000万円で売買する契約をした場合において、宅地建物取引業法...
【問 34】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 建物の売買の...
【問 35】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明及び同条の規定により交付すべき書面(以下この間において「35条書面」という。)に関する...
【問 36】 平成26年度 宅建士試験
問題 建物の貸借の媒介を行う宅地建物取引業者が、その取引の相手方に対して行った次の発言内容のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはど...
【問 37】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者A及び宅地建物取引業者B (共に消費税課税事業者)が受け取る報酬に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 ...
【問 38】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの聞で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法第37条の...
【問 39】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業保証協会(以下この間において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 還付充当金の未納に...
【問 40】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者が行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。なお、この間において「37...
【問 41】 平成26年度 宅建士試験
問題 次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この間において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 1 宅地建物取引業者が、他...
【問 42】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この間において「37条書面」という。)に関する次の記述のう...
【問 43】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。 1 Aは、買主Bとの問で建物の...
【問 44】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業法(以下この間において「法」という。)の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。 ア...
【問 45】 平成26年度 宅建士試験
問題 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵かし担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵かし担保責任保険契約の締結に関す...
【問 46】 平成26年度 宅建士試験
問題 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この聞において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 機構は、地震...
【問 47】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれ...
【問 48】 平成26年度 宅建士試験
問題 宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 平成24年度法人企業統計年報(平成25年9月公表)によれば、平成2...
【問 49】 平成26年度 宅建士試験
問題 土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。 2 ...
【問 50】 平成26年度 宅建士試験
問題 建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋...