情報セキュリティマネジメント試験のおすすめ問題集

スポンサーリンク

私は学生のとき某出版社から情報処理技術者試験(高度試験)の過去問解説作成のバイトを引き受けたことがあります。その経験から情報セキュリティマネジメント試験のおすすめ問題集を選んでみたいと思います。

情報セキュリティマネジメント試験の過去問題集はまだあまり出揃っていません。4月17日に初回試験が実施されたばかりであり現在解説作成と出版の準備中なのでしょう。

※追記:後日アイテックから参考書と問題集が発売されたので、以下その点追記します。

予備校受講者向けの問題集は専任講師陣が作成しているが書店で売られているものは学生のバイトが作成している

情報セキュリティマネジメント試験を対象とした講座が設置されている予備校がいくつかあります。そういったところでは専任講師が過去問題の解答を作成しています。決して一人で作成するのではなく複数人の講師陣がお互いに解説をチェックしながら入念に作成し解説も十分長いものにするためこの問題集が一番良いと言えます。

ですが書店で売られている問題集は専任講師が解答を作成したものではないのです。書店で売られている過去問題集の解説を書いているのは理系の情報科学・情報工学を専攻している学生のバイトです。

もし書店で売るものと予備校受講者に配布する問題集を同じにしてしまったら予備校の講座を取る人が減ってしまうからです。資格予備校の価値は講義にあると思っている人もいるかもしれませんが、私は資格予備校講座の価値の5割近くは過去問題集にあると思っています。

簿記や会計士など一部資格では予備校の講義で使っているテキストや問題集を書店でそのまま売っていることもありますがこういったものは少数派です。

現状良い問題集は消去法でアイテックしかない

書店で売られているほとんどの情報セキュリティマネジメント試験の問題集は100点満点中10点くらいです。かなりひどい状況だと言わざるを得ません。

そして情報セキュリティマネジメント試験の問題集がまだアイテックから出ていないので論評はできないのですが、その他の試験種の問題集から評価するとアイテックの問題集は100点満点中50点くらいです。残念ながらこれを超える問題集は今のところありません。

※追記:アイテックから情報セキュリティマネジメント試験の参考書と問題集が発売されました。以下のものです。

参考書

問題集

解説の良いかどうかは十分な分量の解説文であるかどうかが一点です。短い解説がすべて悪いとはいいませんがだいたい悪い傾向にあります。そして年度ごとに解説にムラがないかどうかです。学生のバイトに作らせていると年度ごとに違う学生に発注しているため解説がおそまつだったりするのです。一通り解説に目を通してひどい解説がはいっていないかチェックします。

私は普段からよく大型書店に立ち寄って日課のように本を探していますが、学生の頃から情報処理技術者試験の過去問題集は常に目を通しています。それでもやはりアイテックの問題集を超える解説を用意した問題集は今のところありません。

これから出版されるであろうアイテックの情報セキュリティマネジメント試験の問題集はそれなりに解説が良いはずです。

6月くらいにならないと秋期試験の情報セキュリティマネジメント試験のアイテック問題集は出ないと思いますが、もし出版されたらざっと解説を書店で読んでみて論評したいと思っています。

※追記:参考書は7月28日、問題集は8月1日に発売されました。別の記事でも紹介していますが本記事でも掲載しておきます。

スポンサーリンク